nishi-nishi ビジネス 言葉

平社員の役職名ってなに?書類・名刺の記載方法まとめ

投稿日:2018年3月8日 更新日:


入会申込書やアンケートなどの書類で「役職名」を記入するところがありますよね。

部長や係長はいいですが、ふつうの「平社員」の人はなんと書けばいいのでしょうか?


というわけで平社員の役職名の記載方法を調べてみました。

「部署がない」パターンや「名刺」の場合も調べたましたので、必要なところだけ見てくださいね。

Sponsored Link

最初に結論!平社員の役職名ってなに?


最初にまとめを書いておきます。

・入会申込書やアンケートの『役職名』は「空欄」もしくは「一般社員」と記載する。

・部署がない場合の『所属・部署名』は「空欄」もしくは「部署なし」と記載する。(※履歴書のみ要注意)

・名刺には役職名を記載しない

です。

一つずつくわしく説明していきますね。



平社員の役職名ってなに?書類にはどう書けばいいの?


平社員の人は役職名って何なんでしょうか?

結論を言うと、書類の役職欄は空欄でOKです。


空欄が気になるという人は以下の記載でも問題ありません。


・一般社員

・職員

・社員

・正社員

・従業員


「平社員」は正式な肩書きではありません。

書かないように注意してくださいね。


この他には「所属部署+勤務」「所属部署+員」と書かれる人もいます。

あなたが営業部にいるならば


・営業部勤務

・営業部員


という書き方です。

「部署名」という記載欄がない場合には親切な書き方ですね。


迷ってしまう人は「空欄」か「一般社員」が一番メジャーな書き方です。

ちなみに、わたしは空欄派です。注意されたことは一度もないですよ(^^♪



部署がない場合の「所属」「部署名」の記載方法は?


つづいて部署がない場合の「所属」「部署名」の記載方法です。

部署がない場合は「空欄」もしくは「部署なし」と書けばOKです。


入会申込書やアンケートなどの書類ならこれで大丈夫です。

しかし「履歴書」「職務経歴書」の場合は注意が要ります。


履歴書や職務経歴書は、「自分が今までどんな種類の仕事をしてきたか」を見てもらうために部署を書きます。

空欄だと読んでいる人(人事部・採用の人など)に「今までの仕事内容」が伝わりません。


『面接で話そう』ではなく、履歴書内を読めば「今までの仕事内容」がわかるように心掛けましょう。

「○○担当」などと書いてもいいですし、別の欄に仕事内容を書いても大丈夫です。



平社員の役職名、名刺はどうなるの?


平社員の人の役職名問題。

つづいては名刺です。


結論から言うと、役署名は書かないのが一般的です。

会社名と所属部署のあとに、すぐ名前が続きます。


あなたが「(株)wefie」の「営業部」だったときは


(株)wefie 営業部

  田中 太郎


という形です。

部署がない場合は会社名と名前だけです。


(株)wefie

  田中 太郎


逆に所属している課があるなら、部署のあとに加えます。


(株)wefie 営業部 web営業課

  田中 太郎


書類では「一般社員」と書く方法もありますが、名刺では滅多に見かけません。

名刺の場合、平社員は役職名を書かないのが一般的です。




まとめ


最初にも書きましたが、もう一度まとめを書いておきますね。

・入会申込書やアンケートの『役職名』は「空欄」もしくは「一般社員」と記載する。

・部署がない場合の『所属・部署名』は「空欄」もしくは「部署なし」と記載する。(※履歴書のみ要注意)

・名刺には役職名を記載しない

これで書類も名刺もバッチリですね!


おまけ:なぜふつうの社員を「平社員」と呼ぶの?語源をサクッと!


ここからはおまけです。

個人的に気になったので、ふつうの社員を「平社員」と呼ぶ語源を調べてみました。


漢字の「平」には「ふつうの(特別ではない)」という意味があるそうです。


・平日

・平年

・平民



などの表現と同じ意味の使い方ですね。

平社員は「ふつうの(特別ではない)社員」という意味合いが語源だそうです。



以上『平社員の役職名ってなに?書類・名刺の記載方法まとめ』でした。


最近は働き方改革にともない、組織のあり方も見直されています。

上下関係のないフラットな組織も増えている印象です。

実際に僕が数年前までいた会社も、社長と数人の役人以外は平社員でした。


「社長以外は平社員」という会社も増えていくかもしれません。

役職にとらわれない視点も持っておきたいですね。

written by nishi-nishi

Sponsored Link


wefieの記事を読んでくれてありがとうございました。

おかげさまでコツコツと272記事!

これからも日常生活で気になったこと、お役立ち情報などをのんびりと更新していく予定です。



-nishi-nishi, ビジネス, 言葉

Copyright© wefie , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.