よっしー 言葉

斜陽の意味・使い方をまとめてみた。類語や対義語も合わせて

投稿日:


あなたは、斜陽という言葉を知っていますか?斜陽産業とか斜陽族というような表現で聞いたりするかもしれません。

今回は、斜陽について調べてみました。斜陽の意味・読み方・使い方などまとめてご紹介します。

Sponsored Link

斜陽の意味


斜陽には主に2つの意味があります。

①西に傾いていく太陽のこと。

②今まで良かったものが衰えていくこと。

①は「陽(ひ)」が「斜め(ななめ)」に傾くと書いて斜陽。そのままの意味ですね。

②は戦後、敗戦した日本が高度成長していく中で、急な変化や時流についていけず、かつての勢威や富貴が衰亡していくことを指すことが多いですね。

理由としては、太宰治が書いた「斜陽」という小説からきているようです。

私は、調べてみるまで全く知りませんでした(汗)



斜陽の使い方


次は、斜陽の使い方についてご紹介します。

斜陽使い方には主に3つに分かれます。上で解説したように2つの意味の使い分けに加えて、「斜陽」という小説がありますので合計3つの使い分けになります。


①西に傾いていく太陽の意味を用いると・・・

「雲間から斜陽が射している」
「斜陽が反射して眩しい」
「斜陽を浴びるのが日課である」


②今まで良かったものが衰えていくことを用いると・・・

「新聞業界は斜陽産業だとよく言われる」
「今の時代は斜陽期だ」
「1947年の流行語は斜陽族です」


③小説の「斜陽」を用いると・・・

「斜陽を2時間で読む」
「小説の斜陽を愛読している」
「斜陽から影響を受けて人生観を養った」



斜陽の類語


①西に傾いていく太陽のことに近い意味は、

夕陽・・・太陽が地平線(水平線)に沈み始める状態

落陽・・・入り日、夕日のこと。

落日・・・沈みゆく太陽のこと。


②今まで良かったものが衰えていくことに近い意味は、

衰退・・・力や勢いを失うこと。

没落・・・栄えていたものが衰え滅びること。

衰亡・・・徐々に衰え亡くなること。



斜陽の対義語


①西に傾いていく太陽のことの反対の意味は、

朝陽・・・日の出のこと。

曙日・・・夜があけて明るくなるころ。

ご来光・・・高山で望む荘厳な日の出のこと。


②今まで良かったものが衰えていくことの反対の意味は、

隆盛・・・栄えて盛んなこと。

旭日・・・天に昇る朝日のように勢いが盛んなこと。

安泰・・・無事安全で危険がないこと。




以上、斜陽の意味・使い方をまとめてみた。類語や対義語も合わせてでした。

いかがだったでしょうか?少しは斜陽の理解のお役に立てましたでしょうか?

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

それでは。

written by よっしー

Sponsored Link

wefieの記事を読んでくれてありがとうございました。

おかげさまでコツコツと272記事!

これからも日常生活で気になったこと、お役立ち情報などをのんびりと更新していく予定です。



-よっしー, 言葉

Copyright© wefie , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.