nishi-nishi 言葉

小一時間とは何分?意味をくわしく説明します。

投稿日:



「小一時間」と言われたとき、あなたは何分を想像しますか?
30分?それとも50分?

ちょっと間違いやすいこの「小一時間」という言葉。
意味をくわしく解説します。


Sponsored Link


小一時間は55分

最初に結論からいきます。
小一時間は55分くらいのことです。

くわしく説明していきますね。



小一時間の『小』の意味

goo辞書で『小』の意味を調べてみると以下のようにでてきます。

[接頭]
1 名詞に付いて、小さい、細かい、などの意を表す。「小馬」「小石」
2 名詞に付いて、わずかな、少しの、などの意を表す。「小雨」「小降り」
3 数量を表す名詞や数詞に付いて、わずかに及ばないが、その数量に近いことを表す。ほぼ。だいたい。約。「小一時間」「小半時 (はんとき) 」
4 動詞・形容詞・形容動詞などに付いて、すこし、なんとなく、などの意を表す。「小ざっぱりしたなり」「小高い」「小ぎれい」
5 名詞や用言などに付いて、軽んじたり、ややばかにしたりするような意を表す。「小せがれ」「小利口」「小ざかしい」

(引用元URL:http://dictionary.goo.ne.jp/jn/71114/meaning/m0u/)

小一時間の『小』は3の意味です。
そこだけ抜き出します。

3 数量を表す名詞や数詞に付いて、わずかに及ばないが、その数量に近いことを表す。ほぼ。だいたい。約。「小一時間」「小半時 (はんとき) 」


ここの使用例に「小一時間」の文字がありますね。

わずかに及ばないが、近いということで55分くらいですね。
感覚的な問題ですが、僕は50~59分くらいなら小一時間ではないかと思います。

1時間弱とほとんど同じ意味ですね。



小一時間は間違いやすい

小一時間という言葉を使うと、間違いが起こる場合があります。
小一時間=30分として使っている人もいるからです。

江戸時代の話になりますが、説明していきますね。



江戸時代は小一時間=30分?

江戸時代に使っていた時間の単位は『1時間』ではなく、『一刻(いっこく、いっとき)』です。
「日の出から日没まで」と「日没から日の出まで」をそれぞれ6つに分け、1日を12に分けていました。

季節によって異なりますが、ざっくりと以下のようになります。

一刻=約2時間
半刻(はんとき)=約1時間
小半刻(こはんとき)=約30分


半刻=1時間、小半刻=30分です。
これで『小=半分』というイメージが定着したのでしょう。

1時間という単位に変わってからも、そのイメージのまま昔の人は使っていたみたいです。
小は半分だから、小一時間=30分だろうという考えですね。

専門家ではないので、100%誤用かと言われると自信はありません。
ただ現代では『小一時間=50~59分』という認識でまず大丈夫でしょう。


とはいえ、ややこしい言葉です。
すれ違いたくない時は、具体的に「50分くらい」など数字を出した方がいいかもしれませんね。


以上、『小一時間とは何分?意味をくわしく説明します。』でした。

ではでは、今回はこの辺で。


written by nishi-nishi

Sponsored Link

wefieの記事を読んでくれてありがとうございました。

おかげさまでコツコツと272記事!

これからも日常生活で気になったこと、お役立ち情報などをのんびりと更新していく予定です。



-nishi-nishi, 言葉

Copyright© wefie , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.