nishi-nishi 言葉

100千円はいくら?読み方や表記理由など、わかりやすく説明します!

投稿日:2017年12月17日 更新日:


会社関係なんかで見る『100千円』という表記。いくらのことなんでしょうか?

読み方・数えるコツ・表記理由など、わかりやすく説明します。

Sponsored Link

100千円はいくら?


結論から言うと

100千円 = 10万円
です。


○○千円という単位表記は『0』を3つ足せばOKです。

10千円 = 10,000円 = 1万円

20千円 = 20,000円 = 2万円

100千円 = 100,000円 = 10万円

500千円 = 500,000円 = 50万円

2000千円 = 2,000,000円 = 200万円

5000千円 = 5,000,000円 = 500万円

10000千円 = 10,000,000円 = 1000万円

となります。



100千円の読み方は?


100千円の読み方はジュウマンエンです。

万(マン)単位にしてから、ふつうに読めばOKです。


『ヒャクセンエン』とは読まないので気を付けてくださいね。



○○千円を『万円単位』で数えるコツ!


○○千円を『万円単位』で数えるコツは0を一個減らすです。


100千円 →(0を一個減らす) → 10万円


このコツだけ覚えておけば、すぐに数えることができると思います。


今回の記事と直接関係はないですが

1,000,000=100万円

っていうのも覚えておくと便利ですよ。コンマ2個で100万円。




なぜ『万円』じゃない?『千円』と表記する理由!


会社で使う数字はどうして、使い慣れた『万円』ではなく『千円』なのでしょうか?

その理由は英語圏と適応させるためです。くわしく見ていきましょう。



英語は3桁ごとに単位が変わる


日本では『万、億、兆』と4桁ごとに単位が変わります。

これに対して英語は『thousand(1,000),million(1,000,000),billion(1,000,000,000)』と3桁ごとに単位が変わります。


日本は4桁ごと、英語は3桁ごと。

おそらくですが、人口の多い英語圏に合わせようとなったのだと思います。

日本と外国でルールが違うとメンドクサイですもんね。この先は外国の会社とやり取りする機会も増えていく一方でしょうし。



コンマは3桁ごと


この記事でも何度も出てきていますが、コンマは3桁ごとです。

これは数字の数え方を英語圏に適応させた結果ですね。


100,000を100千円というと書くのは、コンマごとに略しています

ですので、『○○千円』の他に『○○百万円』という表記もあります。



会社計算規則で決まっているから


ダメ押しで『○○千円』『○○百万円』という表記方法をするように国が定めています

法務省が定めている会社計算規則を引用します。

第五十七条 計算関係書類に係る事項の金額は、一円単位、千円単位又は百万円単位をもって表示するものとする。

(http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=418M60000010013&openerCode=1)

たしかに会社ごとに違ってたら、困りますよね。



以上『100千円はいくら?読み方や表記理由もわかりやすく説明します!』でした。

ちなみに私の高校時代のお小遣いは500千円でした。嘘です。

written by nishi-nishi

Sponsored Link

wefieの記事を読んでくれてありがとうございました。

おかげさまでコツコツと272記事!

これからも日常生活で気になったこと、お役立ち情報などをのんびりと更新していく予定です。



-nishi-nishi, 言葉

Copyright© wefie , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.