ken-ken イベント

入社式のマナーや知っておくと役立つこと、準備しておくといいもの

投稿日:



4月になると新しい世界に足を踏み入れる方も多くいると思います。
その中でも入社式が面倒だと感じる人や楽しみにしている人もいると思います。
今回は「入社式」について話をしようと思います。


Sponsored Link


なぜ入社式は行なわれるのか

・社会人である自覚を持ってもらうため
・自社について知ってもらいたい
・新入社員のモチベーション向上


などがあげられます。


入社式の前に知っておくと役立つこと

入社式の流れ
1.社長あいさつ、祝辞:社会人生活の基礎となる話や先輩社員からの祝辞など
2.入社辞令授与:会社の一員として正式に認めるという書面(入社辞令書例)の授与
3.新入社員による答辞:新入社員の代表者による答辞
4.記念写真撮影:参加者全体での写真撮影
5.オリエンテーション:主にそれぞれの業務の概要等について説明
6.懇親パーティー:仕事をともにする仲間たち、あるいは上の立場の人たちとも親交を深める場


だいたいの流れはこんな感じになるかと思います。


事前に準備しておくといいもの

1.身元保証書
2.卒業証明書
3.国民年金手帳
4. 印鑑
5.筆記用具


会社によって違いはあると思いますが、まだ提出などしていないものがあれば、入社式までには準備しておいた方がいいでしょう。


入社式で注意しておきたいこと

1. 携帯電話の電源はオフにしておきましょう。
2. しっかりメモをとりましょう。
3. 色々な人と親交を深めましょう。
4. あくまで社会人らしく振舞いましょう。




今回は「入社式」について話をしましたが、少しは参考になったでしょうか。
新しく社会人になる方は不安に感じることもあるかもしれませんが、入社式に出ることで社会人の自覚をしっかり持って新たな世界に挑んでいってください。
今後の皆さまのご健勝とご多幸を陰ながらお祈りしております。


written by ken-ken

関連記事はこちら(/・ω・)/
4月についてと行事やイベントまとめ!誕生石、誕生花、卯月の由来も

Sponsored Link

wefieの記事を読んでくれてありがとうございました。

おかげさまでコツコツと272記事!

これからも日常生活で気になったこと、お役立ち情報などをのんびりと更新していく予定です。



-ken-ken, イベント

Copyright© wefie , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.