nishi-nishi 言葉

150cm弱って150cm超えてるの?150cm強は?意味を解説します

投稿日:2017年3月3日 更新日:


ツイッターに『身長は150cm弱です』って書かれてた時、何cm想像します?148cmですか?それとも152cm?

『150cm弱』はちょっとだけ間違いやすい言葉です。意味を解説していきます。

同じく混乱してしまう『150cm強』の説明もしますね。ではどうぞ!

Sponsored Link

150cm弱は147cm。150cm強は153cm


最初に結論から言います。

150cm弱は『150cmより少し低い(147cm)』
150cm強は『150cmより少し高い(153cm)』

です。

意味を見ていきましょう。


150cm弱の『弱』の意味


『弱』と検索をかけると、次のように意味が出てきます。

《名・造》気力が少ない。力が足りない。他の支配を受けやすい。よわい。よわる。よわめる。よわまる。 「弱よく強を制す」
反義語: 強
2.
年が少ない。わかい。 「弱年・弱輩」
3.
二十歳になった男子。また一般に年若の男子。 「弱冠」
4.
近似値の示し方の一種。ある数をある桁(けた)で切り上げた時に添える語。 「三千名弱」
反義語: 強


150cm弱の『弱』は、4つ目です。近似値の示し方で、『切り上げ』を意味します。

150cm-3cm(147cm)を3cm切り上げして『150cm弱』です。

〇〇cm~〇〇cmみたいなはっきりとした決まりはありません。145cmも149.99cmも150cm弱です。



150cm強の『強』の意味


検索すると『強』は以下のように出ます。

《名・造》つよい。勢力がある。筋力がつよい。心がしっかりしている。 「音の強と弱」
反義語: 弱
2.
つよくする。勢力をつける。つよめる。 「強化・強兵・増強・補強・強心剤」
3.
無理を押す。しいる。「強制・強行・強襲・強迫・強弁・強要・勉強・牽強(けんきょう)」。以下「ゴウ」と読む。 「強引・強請(ごうせい)(ゆすり)・強訴・強盗・強姦(ごうかん)」
4.
かたい。こわい。 「強飯(ごうはん)(こわめし)」
5.
切り捨てた端数(はすう)のあることを示す語。 「五百円強・三キロ強」
反義語: 弱


150cm強の『強』は5つ目。『切り捨て』があることを示す言葉です。

150cm+3cm(153cm)の3cmを切り捨てて『150cm強』です。150.1cmも156cmも150cm強です。



150cm弱は間違いやすい


150cm弱 = 150cm + 弱 = 153cmくらい

という意見をネットで見かけますが、これは間違いです。

150cm弱は150cmより小さいです。


しかし、コミュニケーションで大事なのは「正しさ」ではなく、「共通」していることです。正しかろうが何だろうが、相手が150cm弱を153cmくらいだと思っていたら、ズレが起きます。

間違えたくない場面では『150cmいかないくらい』や『だいたい148、9cm』などの表現の方がすれ違いが少ないですね。相手や場合によっては『150cm弱』という表現を避けた方がいいかもしれません。


まあ、それごと大ごとにはならないとは思いますけどね。

以上、『150cm弱って150cm超えてるの?150cm強は?意味を解説します』でした。

ではでは、今回はこの辺で。

written by nishi-nishi

Sponsored Link


wefieの記事を読んでくれてありがとうございました。

おかげさまでコツコツと272記事!

これからも日常生活で気になったこと、お役立ち情報などをのんびりと更新していく予定です。



-nishi-nishi, 言葉

Copyright© wefie , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.