よっしー 実際に調べてみた

シャンプー&コンディショナーが7:3の割合で売れる(なくなる)理由

投稿日:


皆さんはシャンプーとコンディショナーを使用しているとき、シャンプーの方が先になくなるという経験をしたことがありませんか?

実は販売店やヘアケア商品を取り扱うメーカーにとっては『常識』とも言える内容なのですが、意外とはっきりとした理由が分かっていません。

そこで、私自身も疑問に思ったため、

『なぜシャンプーの方が減りが早い(=売れる)のか?』

を様々な角度から考察してみたいと思います。

Sponsored Link

シャンプー&コンディショナーの販売実績(割合)


まずは実際に7:3で本当に売れているのか?を見てみます。

私は小売業界にいる人間なので自店におけるデータをこっそり紹介致します。


メリット リンス つめかえ用特大サイズ 1200ml【nyankittq17】【ko74td】【イチオシ】


『メリット詰め替えタイプ』

最もポピュラーな銘柄な商品です。以下は201○年1月~12月のデータです。

1月⇒シャンプー37個(61.7%)コンディショナー23個(38.3%)

2月⇒シャンプー38個(65.5%)コンディショナー20個(34.5%)

3月⇒シャンプー38個(63.3%)コンディショナー22個(36.7%)

4月⇒シャンプー46個(65.7%)コンディショナー24個(34.3%)

5月⇒シャンプー47個(71.2%)コンディショナー19個(28.8%)

6月⇒シャンプー33個(61.1%)コンディショナー21個(38.9%)

7月⇒シャンプー31個(58.8%)コンディショナー20個(41.2%)

8月⇒シャンプー34個(57.6%)コンディショナー25個(42.4%)

9月⇒シャンプー53個(64.6%)コンディショナー29個(35.4%)

10月⇒シャンプー40個(65.6%)コンディショナー21個(34.4%)

11月⇒シャンプー28個(65.1%)コンディショナー15個(34.9%)

12月⇒シャンプー29(52.7%)個コンディショナー26個(47.3%)

年間⇒シャンプー454個(61.4%)コンディショナー285個(38.6%)


結果、6:4が最も近い数値でしたね。

もちろん、1商品の1店のみのデータですのであくまで参考程度に過ぎませんが、傾向としてシャンプーの方が多く売れるのは間違いないと言えそうです。



男女32人に聞いた使用頻度


次は私が勤めている従業員を中心にシャンプーとコンディショナーの減り具合について聞いてみました。

ちなみに下記が聞いた人の簡易的なデータです。

男性・・・11人
女性・・・21人

10代~20代・・・6人
30代~40代・・・20人
50代~ ・・・6人

では見てみましょう。

7:3と答えた人・・・21人(男性10人)
6:4と答えた人・・・7人
5:5と答えた人・・・1人
その他・・・・・・・・3人(男性1人)


結果、7:3が圧倒的でした!

その他の答えとしては、女性2人がコンディショナーの方が消費が多いと回答です。


また、男性の方はシャンプーしか使わないとの回答でした。

この方は比較的髪の毛が薄い60代の男性なのですが、「この頭でリンスなんか使うか!」と少々怒られてしまったのはここだけの内緒話です(笑)



32人に聞いた意見まとめ


以下は32人に聞いたときの意見のまとめです。

①男性は整髪料や脂っこい髪質のために洗髪を2回することがある。

②男性はトリートメントには時間をかけないため、結果コンディショナーの使用量は少ない。

③女性の多くがシャンプーとコンディショナーは同等程度かややシャンプーが多いくらいの使用量との回答だったが、旦那または子供のシャンプーの使用量が多いかもしれないとの回答が多かった。
(外で汗をかいてくるので)

④コンディショナーの方が多いと回答した女性2人は大学生で髪のケアには非常に気を使っているので多く使うとのこと。

⑤シャンプーは泡立たないと気持ち悪いから多く使う。

⑥シャンプーよりもコンディショナーの方が粘度があるので少なくてすむ。

⑦朝の寝癖直しに洗面台でシャンプーだけをすることがある。

⑧朝シャワーをするときは時間に余裕がないのでシャンプーしかしないことがある。


などなどの意見がありました。

あくまでもこれは様々な意見を伺った私の感想ですが、男性の使い方現代の生活スタイルがシャンプーの使用頻度を高めている感じを受けました。



行きつけの美容院でも聞いてみた



私が通っている美容師さんへ髪を切ってもらったときに聞いてみました。

会話を書くと長くなるので要点をまとめます。

①なくなる頻度は確かに7:3の印象。

②女性客が全体の8割だが、シャンプーの方が減りが早い。

③美容師的に考えられる理由はトリートメントはあまり浸けすぎるとかえってよくないので軽く(短時間)しかつけないからでははいか。

といった回答をもらいました。



まとめ


上記を踏まえて、理由を3つにまとめました。

①男性の使い方の偏り

②現代の生活スタイル(整髪料や朝シャン)が1つの要因

③トリートメントは浸けすぎない方がよいため


以上、【シャンプー&コンディショナーが7:3で売れる(なくなる)理由】でした!


皆様の参考になったでしょうか?

これはあくまでも私が調べた(聞いた)結果ですので鵜呑みは厳禁ですよ。

1つの参考意見だと思ってください。

それでは。

written by よっしー


割合つながりでこちらの記事もよろしければ!

夫婦の給料管理!夫?妻?共同?どれくらいの割合なの?

Sponsored Link


wefieの記事を読んでくれてありがとうございました。

おかげさまでコツコツと238記事!

これからも日常生活で気になったこと、お役立ち情報などをのんびりと更新していく予定です。



-よっしー, 実際に調べてみた

Copyright© wefie , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.