ken-ken サービス

執事さん、メイドさんを雇うにはいくらくらい必要?

投稿日:2016年12月3日 更新日:

sit
みなさんも一度は身の回りのお世話をしてくれる執事さんやメイドさんを雇ってみたいと思ったことはありませんか?

Sponsored Link

仕事内容


まずは、執事さんやメイドさんはどんなお仕事をしてくれるのかということですが

お茶や料理の給仕:好みや要望に合わせた料理の準備と提供。

食器の管理:食器の取り扱いに関して厳重に注意するほか、第三者によって盗まれたり紛失されることのないよう厳重に保管します。

他の使用人の監督:多くの使用人を抱える家庭では、他の使用人を統括する役割も担います。

屋敷や土地の管理:日々の屋敷や土地の手入れ、または主人の保有する財産の管理など。

家族のサポート業務:送り迎えや、奥様の外出準備のお手伝い、お子様の教育など。

来客対応:来客へのもてなしを提供。

というのが主なお仕事です。


給与


では、具体的には執事さんやメイドさんの給与はどのくらいなのでしょうか?

執事さん:月50万~70万円

メイドさん:月20万~30万円(基本短期契約)

といった感じのようです。

ちなみに少し調べてみると、日本では執事さんの派遣はありますが、一般的なイメージのメイドさんの派遣というものはないようですね。

「メイドさん=家政婦さん」のようなイメージに近いようです。


実際雇うとしたら、いくらくらい必要?


では、実際雇うとしたらどのくらいの費用がかかるのでしょうか?


執事さん(日本バトラー& コンシェルジュ参考)

業務時間:基準時間9:00-17:00の8時間スポット(単発)料金
料金:48,000円(税別)

業務時間:1ヵ月(20日間)9:00-17:00 平日勤務
料金:月額サービス費用680,000円(税別)

業務時間:24時間365日勤務(常勤1名、3交代制)
料金:月額サービス費用7,500,000円(税別)



メイドさん(家政婦さん)は少し調べてみたところサービス会社によってすごく幅がありますね。住み込み可な場合もあったりしますが、短時間の派遣が基本のところが多いようですね。

実際調べてみると、やはりかなりの費用がかかるみたいですね。興味をもった方はこういったサービスを利用してみてはどうでしょう。

written by ken-ken

Sponsored Link

wefieの記事を読んでくれてありがとうございました。

おかげさまでコツコツと272記事!

これからも日常生活で気になったこと、お役立ち情報などをのんびりと更新していく予定です。



-ken-ken, サービス

Copyright© wefie , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.